「はじまり」

胆振東部地震のあと、ずっと温めていた企画です。

 

やっぱり、どこにいても、どんなときでも災害に会う可能性はあるし、

電気や文明に囲まれた私たちは、それを失うと、それと同時に様々なことができなくなり、様々なものを失います。

 

やはり、備えは重要だし、人間としての力は、どんなときでも必要なんだなって、

つくづく思います。

 


 

今回は、

最初に、あの地震の回想をしてみたいと思います。

 

本当に反省ばかりの思いではあるし、書いてて恥ずかしいところもあるかと思うけれど、書いてみたいと思います。

 



仕事やプライベートでも忙しくしていたころ

 

非常に疲れがたまっていた印象です。

 


 

2018年9月5日夜 地震前夜

午後12時ごろに寝ましたでしょうか。

よく憶えていませんが、早い時間には寝なかったです

 


 

2018年9月6日 午前3時半ごろ

震度3くらいの地震が来る

その時、緊急地震速報があったかどうかは憶えていないです

 

その後すぐに停電が起きる

 

もちろんテレビは見れない

こちらでは震度は軽かったため、お客さんにはとりあえず何も声掛けはしませんでした

 

ただなんとなく、嫌な予感がしたのはよく覚えています。